ICPSRは、社会科学に関する調査の個票データを世界各国や国際組織から収集、保存し、それらを学術目的での二次分析のために提供する世界最大級のデータアーカイブです。

ICPSR国内利用協議会は、ICPSRデータを日本で効率的に利用するために、1999年9月当時のICPSRメンバーにより結成されました。

協議会会員機関の大学は、ICPSRの豊富なデータが利用可能です; GSS, ISSP, CPS, NES, NLS, PSIDなど。()


web-site renewal

2017-12-06 (水)

本日、ICPSR国内利用協議会の中期会合を開きました。

2017-9-08 (金)

終了した2017年度国内統計セミナーの参考情報を掲載しました。

2017-8-18 (金)

2017年度国内統計セミナーの申込が終了しました。




サイト内検索

Page Top