Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

国際ワークショップ(2017年9月7日開催)

「Data Librarianship: Changing roles and changing needs for academic librarians in the United States / データ・ライブラリアンシップ:アメリカ大学図書館におけるライブラリアンの役割変化について」


題目: Data Librarianship: Changing roles and changing needs for academic librarians in the United States / データ・ライブラリアンシップ:アメリカ大学図書館におけるライブラリアンの役割変化について
講師: Jungwon Yang, International Government Information and Public Policy Librarian, the University of Michigan Stephen S. Clark Library

主催: 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

日時: 2017年9月7日(木)15時15分~17時00分

会場: 東京大学 本郷キャンパス 赤門総合研究棟 5階センター会議室(549号室) 

言語: 英語(報告および質疑応答に日本語通訳がつきます)

登録: 9月5日(火)までに お名前・ご所属 を明記の上、ssjda-ddi@iss.u-tokyo.ac.jp (DDI担当)までご連絡ください。電子メイルの件名は「9月7日ワークショップ」としてください。


 ミシガン大学のライブラリアンJungwon Yang氏が来日するのに合わせて、アメリカの大学図書館におけるデータ・ライブラリアンの役割についてご報告いただく機会を設けました。ご興味をお持ちの皆様のご来場をお待ちしております。


概要:

 アメリカの大学図書館におけるライブラリアンは、歴史的に教員・学生の研究支援の役割も担ってきました。1990年代以降のインターネットの発達と様々なデジタル・データの利用可能性の拡大は、データの検索と入手に関する助言も、特定の専門分野に特化したライブラリアンに期待される役割になりました。今日においては、ライブラリアンが、地理空間データの分析、テキスト・マイニング、データ・ヴィジュアリゼーションなどの高度な分析に関する助言を与えることも稀ではありません。2000年代にビッグ・データの利用が拡大し、また、研究費助成機関がDMP(Data Management Policy)を義務づけたことで、大学図書館がデータ管理について研究者を支援することも増えています。

 このワークショップにおいて、Jungwon Yang氏は、研究者に対してデータ・サービスを提供するライブラリアンの間に現れつつある3つの類型について紹介します。そして、ライブラリアンの仕事がどのように研究者側の研究のライフサイクルに関連しているか、そして、米国の大学図書館が研究者を支援する際に直面している問題や、そこに開かれている新しい可能性について、議論します。


--------------------------

Summary: The academic librarians in the United States has long had responsible for supporting both faculty members and students' researches. As the result of emerging digital technologies and the Internet in the 1990s, data discovery and access services become one of major responsibilities of some subject librarians, including government information, social science, and science librarians. The flourish of interdisciplinary studies makes the academic librarians provide more advanced technology education, such as geo-spatial analysis, text mining, and data visualization, to researchers. The popularity of big research data and the requirement of data management policies by funding agencies in 2000s make academic libraries provide research data management services to their academic communities as well.


In this presentation, Jungwon Yang will introduce three emerging types of academic librarians who provide data services to the academic communities, explain how these librarians' work is related to the researchers' academic research lifecycles, and discuss about the challenges and opportunities of academic libraries in the United States to support academic researches.


Speaker bio: Jungwon Yang is the international government information and public policy librarian at the University of Michigan. Jungwon is also interim librarian of Mathematics and Statistics departments at the library. She earned her master of science in information at the University of Michigan. She completed her doctoral program coursework and got a master's degree in political science, University of Pittsburgh with concentrations in international political economy and international organization. She earned master's degree and bachelor's degrees in political science at the Ewha Woman's University with a concentration in East Asian politics.

--------------------------  

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.