Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

国際シンポジウム
「Data Archives and Their Prospects in East Asia: Collaborative Data Collection, Dissemination, and Data Sharing」 (参加40名)

 主催 東京大学社会科学研究所

 このシンポジウムの目的は、東アジアにおける現在実施中のデータ収集活動についてはもちろんのこと、東アジアにおける社会科学のデータアーカイブに関する情報を共有することにあります。私たち、東京大学社会科学研究所では、中国、韓国、台湾、そしてドイツから専門の研究者を招き、それぞれの国におけるデータの収集・保管や利用の現状について報告いただくことをお願いしました。

日時 2008年3月14日 14時30分~17時30分

場所 東京大学 本郷キャンパス 赤門総合研究棟 センター会議室 

使用言語 英語(通訳はつきません)

登壇者

Ekkehard MOCHMANN
(Administrative Director of the Central Archive for Empirical Social Research at the University of Cologne (ZA) and Director of GESIS (German Social Science Infrastructure Services), Germany

Yanjie BIAN
(Chair Professor of Social Science, Hong Kong University of Science and Technology, and Professor of Sociology, University of Minnesota, U.S.A.)

Sang-Wook KIM
(Professor of Sociology and Principle Investigator, Korean General Social Survey, Survey Research Center, Sungkyunkwan University, South Korea)

Yang-chih FU
(Director, Institute of Sociology, Academia Sinica, Taiwan)

mochmann yajie

 Mochmann教授             Bian 教授

kim fu

 Kim 教授                 Fu 教授

以下の写真はクリックすると大きくなります。

 

 

多数のご参加いただき、ありがとうございました。

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.