Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

総合的社会調査(GSS)とは?

General Social Survey(「GSS」と略記)は、アメリカのシカゴ大学のNational Opinion Research Center(NORC)が1972年から毎年ないし隔年実施している社会調査で、2010年までに28回の調査が行われています。

特定のテーマや社会科学の特定の領域に特化しない総合的調査を目指すもので、そのことによって当該社会に関する様々な領域について基礎的な資料を提供し、多岐にわたる事柄同士の関連を分析することが可能な調査となっています。

類似の調査は、アイルランド、イギリス、オーストラリア、カナダ、ドイツ、台湾、韓国などの国々においても行われており、各国で調査が積み重ねられています。

また各国のアーカイブから利用出来るGSSデータを用いて様々な研究成果が生まれており、さらに教育にも広く利用されるデータとなっております。

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.