Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

研究成果報告会2008

社研パネル調査プロジェクトでは、2008年2月15日に「研究成果報告会2008 」を開催いたしました。多数のご来場、ありがとうございました。

 

日時
2008年2月15日(金)13:30~17:20

場所
東京大学理学部1号館 小柴ホール

 

 

所長挨拶:小森田秋夫(東京大学社会科学研究所・所長)

 

 

第一部:研究成果報告 13:30~15:20

コーディネーター:佐藤香(東京大学社会科学研究所・准教授)

 

石田浩(東京大学社会科学研究所・教授):社研パネルプロジェクトの射程と調査設計

 

深堀聰子(京都女子大学短期大学部・准教授):高校生(高卒者)と母親の生活と意識-高卒パネルとNELSによる日米比較-

 

中澤渉(東京大学社会科学研究所・助教):若年層における意識とライフスタイル-JLPSとBHPSによる日英比較-

 

三輪哲(東京大学社会科学研究所・准教授):30歳からの結婚-壮年パネルデータに見る結婚機会の分析-

 

 

第二部:シンポジウム「社研パネル調査から見えてくるもの」 15:35~17:20

コーディネーター:佐藤博樹(東京大学社会科学研究所・教授)

 

パネリスト

玄田有史(東京大学社会科学研究所・教授)

 

苅谷剛彦(東京大学大学院教育学研究科・教授)

 

永井暁子(日本女子大学人間社会学部・准教授)

 

 

主催
東京大学社会科学研究所『働き方とライフスタイルの変化に関するパネル調査プロジェクト』

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.