Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

二次分析研究報告会

 当アーカイブ所蔵のデータの普及・促進のために行われている二次分析研究会では、年度末に報告会を行っております。報告会には誰でも参加可能です(事前申し込みが必要)。詳しくは下記をご覧ください。

2005年度「共働社会の到来とそれをめぐる葛藤」「JGSSから読む日本人の行動と意識」

2月23日(木)

9:20- 9:25 所長挨拶

9:30-11:30 結婚・夫婦関係(参加者24名)

司会:永井暁子 コメンテータ:岩澤美帆(社会保障人口問題研究所)
朝井友紀子 配偶者サーチ期間とAssortative Mating(同類婚)に関する研究
中村真由美 結婚の際に男性に求められる資質の変化
―3C(人間関係能力)の結婚へのインパクト―
李 秀眞 家計経済においての家事・育児の価値評価
―妻は何をもって資産形成への貢献を認識するのか―
竹内真純 夫婦の対等性とその関連要因の検討
筒井淳也 夫婦調査で何がわかるか

13:00-15:00 JGSS分析(参加者28名)

司会:三輪哲 コメンテータ: 飯島賢志(関東学院大学)
渡辺彰規 英語学習意欲を規定する社会的諸条件
―JGSS-2003データを用いて―
立石裕二 家事配慮と節約・エコ購入
―現代日本における環境意識の構造―
新雅史・中澤篤史 ウォーキングの増加とスポーツ実践の個人化

15:30-17:30 就業・働き方(参加者38名)

司会:本田由紀 コメンテータ: 元治恵子(立教大学)
阿部真大 仕事における自分らしさ志向
高橋康二 現代日本のワーカホリック
―その所在と意識をめぐる考察―
土倉玲子 サラリーマン既婚男性の持つ職業資源とコミュニケーション
―会話頻度、および余暇や休日の過ごし方について―

2月24日(金)

9:30-11:30 健康と生活参加者27名)

司会:石田浩 コメンテータ:中山和弘(聖路加看護大学)
片岡洋子 妻の就業形態別生活満足と収入・夫婦・友人機能の関係
―ケイパビリティ・アプローチを利用して―
鈴木紀子 社会的活動への参加を促す要因
―ワーク・ライフ・バランスの観点から―
佐藤雅浩 「健康の不平等」の現在
―主観的健康状態と社会経済的地位(socioeconomic status)の関連―
藤村一美 社会関係資本が中高年者の生活不安、および精神健康に与える影響
前田幸男 就業と家庭における性役割分業が政治参加に与える影響について

13:00-15:00 コミュニケーション・人間関係(参加者25名)

司会:佐藤博樹 コメンテータ:内田哲郎(マーケティングセンター)
斎藤嘉孝 子どもと祖父母の接触頻度とその規定要因
―親世代の重要性―
野田 潤 現代の家族における共同性とコミュニケーションのかたち
朴 英元 情報機器の利用・コミュニケーション・満足度との関係
田中慶子 父母子の情緒的サポート構造と子どもの父母関係満足感
元森絵里子 親からの自立と現代の子ども期

15:30-17:30 性別役割分業(参加者27名)

司会:松田茂樹 コメンテータ:岩間暁子(和光大学)
李 基平 夫の家事参加に与える影響
―夫と妻の性別役割分業意識を中心に―
久木元美琴 夫の家事参加・育児参加における地域差の分析
裵 智恵 妻の就業と夫のディストレス
―妻の就業に対する夫の意識と実態の一致・不一致から―
鈴木富美子 何が妻を苛立たせるのか
―夫婦関係満足度における夫婦の乖離を生じさせるもの―
水落正明 共働き世帯における家計構造と家事分担

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.