Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

二次分析研究報告会

 当アーカイブ所蔵のデータの普及・促進のために行われている二次分析研究会では、年度末に報告会を行っております。報告会には誰でも参加可能です(事前申し込みが必要)。詳しくは下記をご覧ください。

2008年度「World Value Surveyを用いた実証研究」

  • 日時:2009年1月30日(金) 午前10時~午後5時45分
  • 会場:東京大学本郷キャンパス 赤門総合研究棟 5階 センター会議室,センター作業室
  • スケジュール・会場・会場の模様於)センター会議室(549号室)
10:00~10:05 開会の辞 石田浩
開会の辞 開会の辞
10:05~12:20 第2部:「仕事1」 (参加者19名)
司会:三輪哲 コメンテータ:戸田淳仁(リクルートワークス研究所)、佐藤香
・寺地幹人 「日本社会における「努力」と「運」の関係」
・畠山洋輔 「ソーシャル・キャピタルの国際比較分析試論」
・李秀眞 「仕事・余暇志向の規定要因に関する日韓比較」
  
13:30~15:45 第4部:「仕事2」 (参加者21名)
司会:山崎聖子  コメンテータ:石塚浩美(自由が丘産能短期大学)、佐野嘉秀(法政大学)
・豊田義博「11カ国の就業観比較-日本の特異性を再確認する試みとして」
・松田典子「組織内公平性の日米比較」
・土岐智賀子 「職業選好の規定要因の日伊比較」
  
16:15-17:45 第6部:「幸福・リスク」 (参加者24名)
司会:玄田有史  コメンテータ:石田淳(日本学術振興会)
・見田朱子「「幸福の基準」、およびその設定における「近代化」の影響」
・佐藤慶一「リスク意識の多様性」
  
於)センター作業室(533号室)
10:05~12:20 第1部:「政治1」(参加者14名)
司会:石田浩   コメンテータ:日野愛郎(首都大学東京)
・松谷  満「価値変容と政党選好」
・鈴木賢志 「経済成長は政府に対する信頼感を高めるか」
・大槻茂実 「日本における外国人労働者の受け入れ意識の変容」
13:30~15:45 第3部:「家族」(参加者18名)
司会:村上あかね  コメンテータ:木村好美(早稲田大学)、不破麻紀子
・中西泰子 「価値意識と子どもを持つこととの関連」
・佃 亜樹 「我が国における高齢者の自立意識の変容とその背景」
・田中規子「児童のキャリア形成教育」
16:15-17:45 第5部:「政治2」(参加者10名)
司会:田辺俊介  コメンテータ:宇野重規、山本耕資
・丸山真央 「ネオリベラリズムの時代の保革イデオロギー 」
・田中雅子 「再分配政策への態度と規定要因」
・仁平典宏 「福祉国家の『挟撃』問題を再考する」(紙面報告)

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.