Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

2018年度参加者公募型共同研究(二次分析研究会)

参加資格・条件

 参加資格があるのは、大学の教員、修士以上の大学院生および公的研究機関の研究者です。民間企業および民間シンクタンクの研究員の方については、SSJデータアーカイブにデータをご寄託いただいている機関に属する方のみが参加可能です。
 なお、分析方法の学習会・勉強会・講習ではありませんので、ご自身でSAS、SPSS、Stata、Rなどの統計ソフトが利用できる方、もしくはその利用方法をご自身で習得できる方の参加に限らせていただきます。

 申請書の研究計画等を総合的に考慮し、本センター協議会で審議・選考のうえ参加者が決定されます。審議・選考の結果、ご参加いただけない場合もございます。予めご了承ください。

応募

 今年度の応募は締め切りました。
 たくさんのご応募をいただき、ありがとうございました。
 

活動記録

2018/06/11 第1回研究会を開催しました。

研究会の概要

テーマ

 勤労者の仕事と暮らしに関する二次分析:データからみた2007年~2017年

使用データ

「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート」(2007年4月~2017年10月実施分 連合総合生活開発研究所)
※ 本調査は2001年4月から6ヶ月ごとに実施され、2016年10月実施分までのデータについては、 SSJDAにて公開済みのデータです。詳細はデータ検索システムをご参照ください。10年間分のデータすべてを使用する必要はありません。

研究の概要

 この研究会では、連合総合生活開発研究所が実施した「勤労者の仕事と暮らしについてのアンケート」の勤労者短観調査研究委員会・アドバイザー会議委員を講師に迎え、二次分析を行います。この調査は、わが国の景気動向や仕事と暮らしについての勤労者の認識を定期的に把握するとともに、勤労者の生活の改善に向けた政策的諸課題を検討するための基礎的資料を得ることを目的としています。首都圏および関西圏に居住し民間企業に勤める雇用者を対象に、2001年4月に第1回調査を開始して以来、毎年4月と10月に定期的に調査を実施してきました。 景気、物価、労働時間、賃金、失業、仕事、生活などに関する定点調査に加え、準定点観測調査として、毎年4月には家計の状況と消費行動・貯蓄行動、10月には、9月の所定外労働時間、不払い残業、労働時間管理に関する状況認識を聞いています。また、その時々に注目を集めている時事問題に関する設問もトピック調査(政治、ワーク・ライフ・バランス、格差と階層帰属意識など)として盛り込んでいますので、これらの項目を用いた分析も可能です。研究会では2007年4月から2017年10月までに実施した調査データを使用するため、未公開の最新データまで含めて分析できることが利点となっています。それ以前のデータ(2001年4月から2007年4月)も公開済のため利用できます。仕事と暮らしに関する多岐にわたる内容が含まれていますので、幅広い研究分野からの参加を歓迎します。

Page Top