Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

2012年度参加者公募型共同研究(二次分析研究会)

参加資格・条件

参加資格があるのは、大学の教員および修士以上の大学院生です。
民間企業および民間シンクタンクの研究員の方については、SSJデータアーカイブにデータをご寄託いただいている機関に属する方のみが参加可能ですので、あらかじめご了承ください。
 なお、分析方法の学習会・勉強会・講習ではありませんので、ご自身でSAS、SPSS、Stata、Rなどの統計ソフトが利用できる方、もしくはその利用方法をご自身で習得できる方の参加に限らせて頂きます。


活動記録

2012/ 6/ 9 第1回研究会を開催しました。
2012/ 7/14 第2回研究会を開催しました。
2012/ 8/ 4 第3回研究会を開催しました。
2012/ 9/22 第4回研究会を開催しました。
2012/10/27 第5回研究会を開催しました。
2012/12/ 1 第6回研究会を開催しました。
 

研究会の概要

場所

東京大学社会科学研究所(本郷キャンパス)
赤門総合研究棟5階 センター会議室

テーマとデータ

 高齢者の健康、経済生活に関する意識調査に係るデータの二次分析

 この研究会では、内閣府世論調査担当者をアドヴァイザーとして迎え、内閣府政策統括官(共生社会政策)付高齢社会対策担当が実施した「高齢者の健康に関する意識調査」(2002年、2008年)と「高齢者の経済生活に関する意識調査」(2002年、2007年)のデータを主に利用し、高齢者の健康や生活、家計に関わる意識を分析します。各調査は高齢者を調査対象としており(何歳以上の男女を対象としているかは個々に異なります)、調査項目は、健康状態、福祉および介護等、また収入・支出、就労および資産等に関する意識です。
 なお、上記データを他のデータと組み合わせて分析する、あるいは上記データの分析から得た着想を、他のデータで検証することも歓迎します。上の調査の調査票、および他の利用可能なデータについては、データ検索システム上でご確認下さい。

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.