Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

SSJデータアーカイブ優秀論文表彰

 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターでは、当センターが運営するSSJデータアーカイブが提供するマイクロデータを用いた二次分析研究の奨励と普及を図るために、データ寄託機関による奨学寄付金・協賛金に基づき、二次分析に基づく研究論文に関する優秀論文表彰を下記のように行っております。

 なお、奨学寄附金・協賛金は、(株)エンタテインメントビジネス総合研究所・(株)エース電研並びに(株)リクルートワークス研究所によるものです。

第4回 2008年度SSJデータアーカイブ優秀論文賞の発表

 2008年度の審査の対象となった論文は、学部学生、大学院生、大学教員(教授を除く)および研究機関の研究者により、2007年4月から2008年3月までSSJデータアーカイブに提出された公刊論文(第3者が入手可能なもの:二次分析研究の奨励のため、調査実施メンバーによる論文は除く)です。対象となった36本の論文について、SSJデータアーカイブ優秀論文賞審査委員会では、2008年4月より審査を進めてまいりました。このたび、優秀賞1本、佳作2本(合計3名)が選出されましたので、ここに発表いたします。

優秀賞
西村孝史氏(徳島大学総合科学部人間社会学科准教授)
「就業形態の多様化と企業内労働市場の変容-「ワーキングパーソン調査2006」の再分析」, 日本労働研究雑誌NO.571

使用データセット:リクルート ワークス研究所「ワーキングパーソン調査,2006(調査番号0535)

佳作(五十音順)

島貫智行氏(山梨学院大学専任講師)
「パートタイマーの基幹労働力化が賃金満足度に与える影響-組織内公正性の考え方をてがかりに」日本労働研究雑誌第568号

使用データセット:労働政策研修・研究機構「労働者の働く意欲と雇用管理のあり方に関する調査,2004」(調査番号0422)

福田節也氏(Max Planck Institute for Demographic Research, Research Scientist)
「The Socio-economic Status of Women and Marital Fertility in Post-war Japan : Effects of Education, Employment and Family Structure on Parity Transitions」人口学研究 第40号

使用データセット:日本家族社会学会全国家族調査委員会「全国調査「戦後日本の家族の歩み」(略称:NFRJ-S01),2002」(調査番号0400)

*所属はいずれも2008年6月時点

選考方法と経過
1)2008年度の審査の対象となった論文は、学部学生、大学院生、大学教員(教授を除く)及び研究機関の研究者により、2007年4月から2008年3月までにSSJデータアーカイブに提出された公刊論文(第三者が入手可能なもの:二次分析研究の奨励のため、調査実施メンバーによる論文は除く)であり、36本の論文がこの条件に適合した。

2)SSJデータアーカイブの事務局が、36点の論文を、①二次分析としての工夫の程度、②実証研究としての手続きの完成度等の基準に基づき、14本に絞り込んだ。

3)14本の論文に関して、それぞれ2名の審査委員が、①二次分析としての完成度、②論文としての作法を満たしているか、③論文の内容の面白さ、の3つの基準に基づき、それぞれ5段階評価を行い、その結果に基づき5本の論文が最終選考の対象となった。

4)審査委員全員が、最終選考の対象となった論文5点をすべて読んで総合評価を行い、その結果に基づき優秀論文1点、佳作2点を選定した。

2008年度SSJデータアーカイブ優秀論文賞審査委員会委員
(敬称略・五十音順・◎は審査委員長)

  • 大久保幸夫((株)リクルート ワークス研究所所長)
  • 玄田有史(社会科学研究所教授)
  • 佐藤香(社会科学研究所准教授)
  • 佐藤博樹(社会科学研究所教授)
  • 白波瀬佐和子(人文社会系研究科准教授)
  • 仁田道夫(社会科学研究所教授)◎
  • 平野宏((株)エンタテインメントビジネス総合研究所会長)
  • 前田幸男(東京大学大学院情報学環准教授・社会科学研究所兼任准教授)

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.