東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

研究成果報告会

2013年度

研究成果報告会2014

社研パネル調査プロジェクトでは、2014年2月6日に「研究成果報告会2014」を開催いたしました。37機関61名の方にご来場いただきました。ありがとうございました。

日時
2014年2月6日(木) 13:30~17:20
場所
東京大学情報学環 福武ホール 福武ラーニングシアター

プログラム

所長挨拶

石田浩(東京大学社会科学研究所・所長)

第一部:研究成果報告 13:30~15:20

コーディネーター:佐藤博樹(東京大学大学院情報学環・教授)

石田浩(東京大学社会科学研究所・教授):「東京大学社会科学研究所パネル調査と格差の連鎖・蓄積」

村上あかね(桃山学院大学社会学部・准教授):「出生意欲は低下するのか」

小川和孝(東京大学大学院教育学研究科・博士課程):「企業内訓練と雇用区分による統計的差別」

鈴木富美子(東京大学社会科学研究所・学術支援専門職員):「ジェンダーとライフコースからみた若者の幸せ感」

第二部:シンポジウム「パネル調査を用いた教育・社会研究の現在と未来」 15:35~17:20

コーディネーター:佐藤香(東京大学社会科学研究所・准教授)

中村高康(東京大学大学院教育学研究科・教授):「教育研究におけるパネル調査の課題-『若者の教育とキャリア形成に関する調査』を事例として-」

中西啓喜(お茶の水女子大学文教育学部・研究員):「青少年期から成人期への移行についての追跡的研究(Japan Education Longitudinal Study:JELS):学齢児童を対象とした縦断的研究の成果と課題」

木村治生(ベネッセ教育総合研究所・主任研究員):「親子パネル調査の課題と展望」

藤原翔(東京大学社会科学研究所・准教授):「東京大学社会科学研究所パネル調査からみる教育と社会」

主催

東京大学社会科学研究所『働き方とライフスタイルの変化に関するパネル調査プロジェクト』

PAGE TOP