東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

研究成果報告会

2018年度

東大社研パネルシンポジウム2019

東京大学社会科学研究所では、来る2019年2月22日(金)に「東大社研パネルシンポジウム2019」を開催いたします。東京大学社会科学研究所が実施しているパネル調査のデータを用いた分析結果の報告と、「東大社研とパネル調査」と題したシンポジウムを企画しております。どなたでもご参加いただけます(要事前登録ですが当日参加も可)。皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

日時
2019年2月22日(金)13:30~17:20(受付開始13:15)
場所
東京大学情報学環 福武ホール 福武ラーニングシアター

プログラム

所長挨拶
佐藤岩夫(東京大学社会科学研究所・所長)
第一部:研究報告 13:30~15:30

石田浩(東京大学社会科学研究所・教授):「格差の連鎖・蓄積とライフコースに関する総合的研究を目指して」

俣野美咲(武蔵大学大学院・博士課程):「パネルデータからみる若者の自立と親子関係」

小山田建太(筑波大学大学院・博士課程):「若者の多様なキャリアを承認する「自立」観―親子のインタビューデータに着目して―」

柳下実(首都大学東京大学院・博士課程):「結婚・子どもを持つことが男女の家の外・中で過ごす時間に与える影響」

田中茜(東京大学大学院・博士課程):「働き方の希望と実態――ライフイベントに着目して」

第二部:シンポジウム「東大社研とパネル調査」 15:45~17:20

コーディネーター:三輪哲(東京大学社会科学研究所・教授)

登壇者

石田浩(東京大学社会科学研究所・教授)

佐藤香(東京大学社会科学研究所・教授)

藤原翔(東京大学社会科学研究所・准教授)

石田賢示(東京大学社会科学研究所・准教授)

橋本尚美(ベネッセ教育総合研究所・研究員)

主催
東京大学社会科学研究所『働き方とライフスタイルの変化に関するパネル調査プロジェクト』

PAGE TOP