Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

センター長挨拶

 東京大学社会科学研究所は、法学・政治学・経済学・社会学という社会科学の4つの分野に属する研究者で構成する、全国でもユニークな研究所です。その活動は、①共同研究の推進(全所的プロジェクト等)、②調査の実施(社会調査、地域密着型調査等)、③研究インフラの構築(SSJデータアーカイブ、図書室)の3つを柱としています。これらのうち、SSJデータアーカイブや社会調査などについては、1996年に設立された附属日本社会情報研究センターを中心に進めてきたもので、2009年には、これまでの実績を踏まえ、社会調査・データアーカイブ研究センターと改組致しました。

 文部科学省では、我が国の学術研究の基盤強化と新たな学術研究の展開を目的として、共同利用・共同研究拠点制度を設けており、当センターも、2010年から共同利用・共同研究拠点としての活動を開始しました。活動を通じて、実証的社会科学研究の発展、東アジア社会調査・データアーカイブネットワークの構築に、主導的な役割を果たしていくことを目的としています。関係する皆様には、当センターへのご協力を、宜しくお願い申し上げます。

東京大学社会科学研究所所長
附属社会調査・データアーカイブ研究センター長
大沢 真理
大澤 眞理

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.