Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

寄託の手引き

 東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターは、我が国における社会科学の実証研究を支援することを目的として、SSJデータアーカイブ(Social Science Japan Data Archive)を構築しています。

 アーカイブでは、我が国で実施された統計調査、社会調査の個票データ(個々の調査票の記入内容。マイクロデータ)を収集・保管し、学術目的での二次分析のために1998年4月から利用者に提供しています。(詳しくは、データアーカイブについてをご覧ください。)

 アーカイブは、調査機関の皆様がお持ちの個票データの寄託を常時お待ちしております。寄託の手引きは、こちらをご覧ください。アーカイブの趣旨をご理解の上、是非、ご協力をお願いします。直接ご説明に伺うこともしております。お気軽に問合せ先までご連絡ください。

個票データは、寄託された方の承認の下で利用者に提供します。
SSJデータアーカイブでは、個票データを個々の回答者を識別することが不可能な形に変換をします。

個票データの利用者への提供は、アーカイブで利用申請を審査した後、寄託者の承認をいただいてから、行います。

個票データの利用は、大学又は研究機関の研究者、大学院生、又は教官の指導を受けた大学生による学術目的での二次分析に限定しており、書面による誓約を義務付けています。

寄託のメリット

調査の意義が広く認められます
 個票データの寄託は、日本の社会科学の発展に寄与することに第一議的な意義がありますが、それだけではありません。
 個票データがSSJデータアーカイブに寄託されると、SSJDAウェブサイトに調査の概要や調査票様式が掲載されますので、多くの方にその調査について知ってもらうことができます(個票データは、承認手続きを経てから提供)。
 また、個票データを利用する論文にも、調査名や寄託者が記載されますので、その調査の意義が広く認められることになります。
個票データを使える形で保管します
 アーカイブに寄託された個票データは、二次利用可能な形式に整理して保管いたします。将来、寄託された調査を寄託者ご自身で再分析される際も、もちろんお使いいただけます。
 個票データそのものの紛失だけでなく、符号表の散逸、担当者の異動などといった理由から、データをまた使いたいのにできない、ということをお聞きします。このことは、社会にとっても損失であり、残念なことと私たちは考えます。
 データアーカイブは、寄託者にとって再び必要になる時に備えた"保険"にもなります。
新しい視点から調査を見直すことができます
 SSJデータアーカイブでは、その利用者が二次分析の結果、論文を作成した場合、その論文1部を寄託者にお届けすることにしています。
 一つの調査からは多くのデータが得られます。新しい視点から調査を見直すことにより、調査実施者も知らない隠れた価値を発見したり、将来の調査の企画に参考になることに気が付いたりすることがあるかもしれません。
 個票データの寄託は、皆様の調査の改善にも役立つのではないかと期待しています。 (すべての利用者が論文等の発表に至るとは限りません。)
寄託いただいた民間の研究機関に対しては、SSJデータアーカイブの個票データをご利用いただけます
 民間の研究機関の方は、原則としてSSJデータアーカイブの個票データはご利用いただけませんが、自機関の個票データをSSJデータアーカイブに寄託されている場合は利用可能としています。(学術目的の二次分析であり、利用を希望する調査の寄託者による承認を得ることが必要です。)

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.