Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

東アジアにおけるデータアーカイブとその可能性

国際ワークショップ
「Social Science Data Preservation and Dissemination in East Asia」

 このワークショップの目的は、東アジアにおける社会調査データの保存、ならびに、その二次利用の現状について、情報を交換すると同時に、東アジア各国において収集された社会データの相互利用を促進することにあります。

東京大学社会科学研究所では、韓国と台湾のデータ・アーカイブから専門家をお招きして、それぞれのデータ・アーカイブにおける活動と二次利用の現状について報告いただくことをお願いしました。

主催: 東京大学社会科学研究所

日時:2012年12月7日 13:00-16:30

会場:東京大学 本郷キャンパス 赤門総合研究棟 センター会議室 

使用言語:英語(通訳はつきません)

プログラム

Moderator : Shin Arita

  • ・Opening Remarks: Hiroshi Isida
  • ・Data Preservation and Dissemination at SSJDA (Social Science Japan Data Archive): Yukio Maeda
  • ・Implementing Data Documentation Initiative (DDI) at SSJDA: Yuki Yonekura
  • ・Data Archiving at KOSSDA (Korean Social Science Data Archive): Acquisition, Preservation, Documentation, and Dissemination: Joon Han
  • ・The Practice of the Survey Research Data Archive in Taiwan: Ruoh-rong Yu

当日の資料はこちらからダウンロードできます(PDF形式 5.81MB)

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.