Center for Social Research and Data Archives (CSRDA)

  • HOME
  • お問い合わせ
  • ENGLISH
  • パンフレットのダウンロード(PDF)

研究成果

2016年12月現在

著書・論文

年次別アルファベット順

2017年

  1. 石田浩編著,2017,『教育とキャリア』勁草書房.
  2. 佐藤香編著,2017,『ライフデザインと希望』勁草書房.

2016年

  1. 有田伸,2016,『就業機会と報酬格差の社会学――非正規雇用・社会階層の日韓比較』東京大学出版会.
  2. Fujihara, Sho and Hiroshi Ishida. 2016. "The Absolute and Relative Values of Education and the Inequality of Educational Opportunity: Trends in Access to Education in Postwar Japan," Research in Social Stratification and Mobility 43: 25-37.
  3. 石田浩・有田伸・藤原翔・小川和孝,2016,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査 (JLPS)2015』から見る非認知的スキル、 仕事の負担、結婚に影響する意識、資産の不平等 (前編)」『中央調査報』707: 1-7.
  4. 石田浩・有田伸・藤原翔・小川和孝,2016,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査 (JLPS)2015』から見る非認知的スキル、 仕事の負担、結婚に影響する意識、資産の不平等 (後編)」『中央調査報』708: 1-7.

2015年

  1. 藤原翔,2015,「教育意識の個人間の差異と個人内の変化――「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)データを用いた分析」」『社会と調査』15: 40-47.(2016年11月20日 一般社団法人社会調査協会『社会と調査』賞)
  2. 石田浩,2015,「東大社研パネル調査プロジェクト『働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(Japanese Life Course Panel Surveys)」『社会と調査』14: 101.
  3. 石田浩・有田伸・藤原翔・朝井友紀子,2015,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2014」からわかる若年・壮年者の働き方・希望の意識・ボランティア活動」『中央調査報』693: 1-11.
  4. 村上あかね,2015,「年轻人的社交与结婚活动的真实情况――通过全国调查进行分析」山田昌弘編・周洁滑美琴译『”婚活”现象的社会学――日本的择偶现状』世界知识出版社,23-36.
  5. 中澤渉,2015,「教育費について我々は何を考えるべきか」『中央公論』129(6): 42-49.

2014年

  1. 石田浩・有田伸・藤原翔・朝井友紀子,2014,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2013」からわかる若年・壮年者の希望・働き方・喫煙」『中央調査報』680: 1-9.
  2. Ishida, Hiroshi. 2014. "The Lost Decade: Comprehensive Study on Chain and Accumulation of Disparities and Life Course Transformation of Young People in Contemporary Japan." International Innovation 166:62-4.
  3. 茂木暁,2014,「日本女性の結婚への移行の再検討――夫婦の『出会い方』の違いに注目して」『人口学研究』50: 55-74.
  4. 中澤渉,2014,「なぜ日本の公教育費は少ないのか――教育の公的役割を問いなおす」勁草書房.
  5. 小川和孝,2014,「高卒者の初職地位達成における雇用主の選抜メカニズムに関する研究――学校経由の就職の効果についての再検討」『教育社会学研究』94: 195-215.

2013年

  1. 有田伸,2013,「変化の向き・経路と非変化時の状態を区別したパネルデータ分析――従事上の地位変化がもたらす所得変化を事例として」『理論と方法』28: 69-85.
  2. 石田浩・有田伸・田辺俊介・大島真夫,2013,「「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2012」にみる「不安社会」日本と「大人になること」の難しさ」『中央調査報』 667: 1-5.
  3. Ishida, Hiroshi. 2013. "The Transition to Adulthood among Japanese Youths: Understanding Courtship in Japan." Annals of the American Academy of Political and Social Science 646:86-106.
  4. Ishida, Hiroshi. 2013. "Inequality in Workplace Conditions and Health Outcomes." Industrial Health 51:501-513.
  5. Ishida, Kenji. 2013. "The Effect of Skill Development Outside Workplaces on Gaining Regular Employment." CSSI Working Paper Series 8:1-15.
  6. Kan, Mari. 2013. "Being out of Work and Health among Younger Japanese Men: A Panel Data Analysis." Industrial Health 51:514-23.
  7. Kariya, Takehiko. 2013. "The State's Role and Quasi-market in Higher Education: Japan's Trilemma." Goodman, R., Kariya. T., and Taylor, J. eds. Higher Education and the State: Changing Relationships in Europe and East Asia. Symposium Books, 217-34.
  8. 中澤渉,2013,「通塾が進路選択に及ぼす因果効果の異質性――傾向スコア・マッチングの応用」『教育社会学研究』92: 151-74.

2012年

  1. Hayashi, Yusuke. 2012. "The Effect of Married Couples' Incomes on Marital Satisfaction." Social Science Japan 47:13-6.
  2. Ishida, Hiroshi and Satoshi Miwa. 2012. "School Discipline and Academic Achievement in Japan" R. Arum and M. Velez eds. Improving Learning Environments. Stanford University Press, 163-95.
  3. 石田浩,2012,「社会科学における因果推論の可能性」『理論と方法』27(1): 1-18.
  4. Ishida, Hiroshi and Akira Motegi. 2012. "Educational Assortative Mating in Japan and the United States." Social Science Japan 47:3-8.
  5. 石田浩・有田伸・吉田崇・大島真夫,2012,「東京大学社会科学研究所の「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2011」にみる若年・壮年層の格差の実態と意識」『中央調査報』656: 1-7.
  6. 石田賢示,2012,「正規雇用への移動に対する職場外での能力開発の効果」『社会学研究』91: 215-238.
  7. 三輪哲・山本耕資,2012,「世代内階層移動と階層帰属意識」『理論と方法』27(1): 63-83.
  8. 三輪哲,2012,「晩婚化・非婚化のなかの単身者」『季刊家計経済研究』94: 31-42.
  9. 中澤渉,2012,「なぜパネル・データを分析するのが必要なのか――パネル・データ分析の特性の紹介」『理論と方法』27(1): 23-40.
  10. 大島真夫,2012,『大学就職部にできること』勁草書房.
  11. Oshima, Masao. 2012. "The Transition from School to Work: The Role of Job Placement Assistance Provided by Schools." Social Science Japan 47:22-5.
  12. Suzuki, Fumiko. 2012. "Marrying Late or Not at All: Changing Life Course Choices among Young Women in Japan." Social Science Japan 47:17-21.
  13. 戸ケ里泰典,2012,「一般成人男性における心理社会的職場特性と精神健康との関係におけるsense of coherenceの媒介効果」『理論と方法』27(1): 41-62.
  14. Yoshida Takashi. 2012. "The Impact of a Woman's First Job and Non-Regular Employment on Marriage Timing." Social Science Japan 47:9-12.
  15. 吉田崇,2012,「若年女性の初期キャリアとライフコースの変容」『社会学研究』90: 75-96.

2011年

  1. 元治恵子,2011,「若者の就業と結婚に関する意識――高校時代から高卒5年目への変化」『明星大学社会学研究紀要』31: 1-14.
  2. 石田浩・三輪哲,2011,「上層ホワイトカラーの再生産」石田浩・近藤博之・中尾啓子編『現代の階層社会2 階層と移動の構造』東京大学出版会,21-35.
  3. 神林博史・三輪哲,2011,『社会調査のための統計学』技術評論社.
  4. 三輪哲,2011,「女性にキャリア移動における小企業の意味」『日本政策金融公庫論集』10: 59-87.
  5. 三輪哲,2011,「女性のキャリア移動と小企業」日本政策金融公庫総合研究所編『女性が輝く小企業』同友館,111-141.
  6. 中澤渉,2011,「高等教育進学機会の地域間不平等」『東洋大学社会学部紀要』48(2): 5-18.
  7. 中澤渉,2011,「パネル調査データからみる現代日本の若年労働市場――誰が不安定な職業経歴を歩んでいるのか-」『哲学(三田哲学会)』125: 143-165.
  8. 田辺俊介・吉田崇・大島真夫,2011「東京大学社会科学研究所の「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2010」の結果から」『中央調査報』640: 1-7.

2010年

  1. 平沢和司,2010,「大卒就職機会に関する諸仮説の検討」苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学――データから見る変化』東京大学出版会,61-85.
  2. Ishida, Hiroshi and David Slater eds. 2010. Social Class in Contemporary Japan. London: Routledge.
  3. 石田浩・村上あかね・有田伸・田辺俊介. 2010,「東京大学社会科学研究所の「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2009」の結果から」『中央調査報』628: 1-9.
  4. 三輪哲,2010,「友人との紐帯がもつ新規開業促進効果の実証的検討」日本政策金融公庫総合研究所編『新規開業白書2010年版』中小企業リサーチセンター,55-87.
  5. 村上あかね,2010,「若者の交際と結婚活動の実態――全国調査からの分析」山田昌弘編『「婚活」現象の社会学――日本の配偶者選択のいま』東洋経済新報社,43-64.
  6. 中澤渉,2010,「教育と労働――正規/非正規雇用の壁と学歴」早坂裕子・広井良典・天田城介編『社会学のつばさ――医療・看護・福祉を学ぶ人のために』ミネルヴァ書房: 106-122.
  7. 中澤渉,2010,「メンタル・ヘルスのパネルデータ分析」『東洋大学社会学部紀要』47(2): 83-95.
  8. 大島真夫,2010,「大学就職部の斡旋機能とその効果」苅谷剛彦・本田由紀編『大卒就職の社会学――データから見る変化』東京大学出版会,129-50.
  9. 佐藤博樹・永井暁子・三輪哲編,2010,『結婚の壁――非婚・晩婚の構造』勁草書房.

2009年

  1. Satoko Fukahori, 2009, "The Job Aspirations of Japanese Youths: Gender Bias and Higher Education Impact,"Social Science Japan, 40: 7-10.
  2. 石田浩・三輪哲,2009,「階層移動から見た日本社会―長期的趨勢と国際比較―」『社会学評論』第59巻4号,648-662.
  3. 石田浩・三輪哲・村上あかね,2009,「「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2008」にみる現代日本人のライフスタイルと意識」『中央調査報』616: 1-7.
  4. Hiroshi Ishida, 2009, "Japanese Life Course Panel Survey and Educational Attainment of Youth," Social Science Japan, 40: 3-6.
  5. Wataru Nakazawa, 2009, "Does the Japanese Scholarship Loan Programs Reduce Inequality of Opportunities for Access to Universities?" Social Science Japan, 40: 11-14.
  6. Masao Oshima, 2009, "University Student Job Hunting and University Career Placement Divisions," Social Science Japan, 40: 15-18.

2008年

  1. 石田浩,2008,「世代間階層継承の趨勢―生存分析によるアプローチ―」『理論と方法』第23巻2号: 41-63.
  2. Hiroshi Ishida, 2008, "Japan: Educational Expansion and Inequality in Access to Higher Education," in Stratification in Higher Education: A Comparative Study, edited by Yossi Shavit, Richard Arum, and Adam Gamoron (Stanford: Stanford University Press), 63-86.
  3. 石田浩,2008,「世代間移動の生存分析アプローチ」,渡邊勉編,『世代間移動と世代内移動』,2005年SSM調査研究会,55-74.
  4. 石田浩・三輪哲・大島真夫,2008,「東京大学社会科学研究所のパネル調査について-働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)2007の結果から-」『中央調査報』604号,1-7.

学会等報告

年次別アルファベット順

2016年

  1. Ishida, Hiroshi. 2016. "Who Leaves Parental Homes in Japan?" International Sociological Association Forum. July 13, 2016. University of Vienna, Austria.
  2. Ishida, Hiroshi. 2016. "Life Course Transitions and Educational Assortative Mating among Japanese Youth." Social Demography Seminar. November 16, 2016. Harvard University, United States.
  3. 石田賢示,2016,「労働時間・残業と職場環境の関連――東大社研パネル調査を用いた検討」『第16回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  4. Ishida, Kenji. 2016. "Panel Attrition in the Japanese Life Course Panel Survey." Education Systems and Labor Market Outcomes in Comparative Perspective: Joint Workshop of JLPS and TEPS-B Project. August 13th, 2016. National Taiwan University.
  5. Miwa, Satoshi. 2016. "School Dropout and Class Background in Japan." Education Systems and Labor Market Outcomes in Comparative Perspective: Joint Workshop of JLPS and TEPS-B Project. August 13th, 2016. National Taiwan University.
  6. Ogawa, Katsunori. 2016. "Labor Force Attachment among Japanese Women: Focusing on Educational Background and Opportunity Cost." Education Systems and Labor Market Outcomes in Comparative Perspective: Joint Workshop of JLPS and TEPS-B Project. August 13th, 2016. National Taiwan University.

2015年

  1. Fujihara, Sho. 2015. "The Causal Effects of Objective Social Status on Subjective Social Status in Japan." May 30th, 2015. International Sociological Association, Research Committee 28 on Social Stratification, Spring Meeting. Tilburg University.
  2. Fujihara, Sho. 2015. "The Effects of Changes in Objective Social Status on Changes in Subjective Social Status in Japan." May 9th, 2015. Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths: JLPS and TEPS-B. National Taiwan University.
  3. 藤原翔,2015,「階層帰属意識に対する本人と配偶者の地位の影響――JLPSデータを用いたパネルデータ分析」『第59回数理社会学会大会』久留米大学.
  4. Ishida, Hiroshi. 2015. "Japanese Life Course Panel Surveys (JLPS) and Cumulative Advantages/Disadvantages across Life Course." Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths: JLPS and TEPS-B. May 9th, 2015. National Taiwan University.
  5. 石田浩,2015,「若年・壮年層の格差の連鎖・蓄積のメカニズム――東大社研パネル調査 (JLPS)の分析」『第88回日本社会学会大会』早稲田大学.
  6. Ishida, Hiroshi and Akira Motegi. 2015. "Transition from Courtship to Marriage and the Educational Association among Couples: A Cross-national Comparison of Japan and the United States." May 9th, 2015. Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths: JLPS and TEPS-B. National Taiwan University.
  7. Ishida, Hiroshi and Akira Motegi. 2015. "Educational Assortative Mating in Japan and the United States." May 28th, 2015. International Sociological Association, Research Committee 28 on Social Stratification, Spring Meeting. Tilburg University.
  8. Ishida, Kenji. 2015. "When Do Social Networks Matter in Career Mobility of Japanese Young Workers?" The 9th International Convention of Asia Scholars. July 7, Adelaide Convention Centre, Adelaide, SA, Australia.
  9. 伊藤秀樹,2015,「〈適応〉の装置としての部活動?――東大社研・高卒パネル調査(JLPS-H)自由記述の分析」『第67回日本教育社会学会大会』駒沢大学.
  10. Motegi, Akira and Hiroshi Ishida. 2015. "A Comparative Study of the Strength of Educational Association between Japan and the United States." The 59th Meeting of the Japanese Association for Mathematical Sociology. March 14th, 2015. Kurume University.
  11. 長尾由希子「高卒 10 年・客観的なキャリアと主観的なキャリアの架橋――東京大学社会科学研究所高卒パネル(JLPS-H)のインタビューデータをもとに」『第67回日本教育社会学会大会』駒沢大学.
  12. Ogawa, Katsunori. 2015. "Training Opportunity and Wage: A Cumulative Perspective for Segmented Employment System in Japan." Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths: JLPS and TEPS-B. May 9th, 2015. National Taiwan University.
  13. 小川和孝,2015,「内部労働市場と初期OJT」『第60回数理社会学会大会』大阪経済大学.
  14. 小川和孝,2015,「職場における訓練が 賃金へ与える蓄積的な効果の検討」『第15回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  15. 大島真夫・濱中義隆,2015,「専門学校における就職支援と職業への移行」『日本高等教育学会第18回大会』早稲田大学.
  16. 山本耕資,2015,「平等化政策志向の計測――具体的な程度を尋ねる調査項目の開発」『第59回数理社会学会大会』久留米大学.

2014年

  1. Arita, Shin. 2014. "Current State of Social Survey in Japan, International Conference on Social Survey and Data Sharing." Seoul National University.
  2. Asai, Yukiko. 2014."Overtime Premium and Working Hours: An Evaluation of the Labour Standards Act Reform in Japan" Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths. November 8th, 2014. National Taiwan University.
  3. 藤原翔,2014,「子どもへの教育期待に対する教育意識・社会意識の効果―東大社研パネル調査(JLPS)データの分析―(2)」『第87回日本社会学会大会』神戸大学.
  4. Fujihara, Sho and Hiroshi Ishida. 2014. "Education as a Positional Good and Inequality of Educational Opportunity: Trends in Access to Education in Postwar Japan" International Sociological Association Research Committee on Social Stratification RC28 Conference. May 10, 2014. Central European University. Budapest, Hungary.
  5. 石田浩・藤原翔・有田伸・石田賢示・大島真夫,2014,「学校の職業的収益と教育機会―東大社研パネル調査(JLPS)とSSMデータの分析―」『日本教育社会学会第66回大会』愛媛大学・松山大学.
  6. 石田浩・茂木暁,2014,「学歴階層結合の日米比較―東大社研パネル調査(JLPS)データの分析―(1)」『第87回日本社会学会大会』神戸大学.
  7. Ishida, Hiroshi (coauthored with Akira Motegi). 2014. "Educational Assortative Mating among Unmarried and Married Couples in Japan and the United States" The 109th Annual Meeting of the American Sociological Association. August 16, 2014. Hilton San Francisco Union Square and Parc55 Wyndham Hotel, San Francisco, CA.
  8. Ishida, Hiroshi. 2014. "Japanese Life Course Panel Surveys (JLPS) and Research Agenda using JLPS" Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths. November 8th, 2014. National Taiwan University.
  9. 石田賢示,2014,「若年者の転職結果に対する社会ネットワークの影響 ― 東大社研パネル調査データを用いた実証分析」『第14回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  10. 石田賢示,2014,「初期キャリア移動の構造に関する職業経歴データを用いた分析―東大社研パネル調査(JLPS)データの分析―(3)」『第87回日本社会学会大会』神戸大学.
  11. 茂木暁,2014,「女性の結婚への移行における年齢と規定要因の再検証―夫婦の【出会い方】に注目して 」 『第24回日本家族社会学会大会』東京女子大学.
  12. 小川和孝,2014,「観察されない個人間の異質性が企業規模と賃金の関係に与える影響―東大社研パネル調査(JLPS)データの分析―(4)」『第87回日本社会学会大会』神戸大学.
  13. Ogawa, Katsunori. 2014. "Internal Labor Markets and the Effects of Structural Change on Job" Workshop for the Comparative Study of Transition to Adulthood among Japanese and Taiwanese Youths. November 8th, 2014. National Taiwan University.
  14. 大島真夫・石田賢示・有田伸・石田浩・藤原翔,2014,「学校と職業のリンケージ―東大社研パネル調査(JLPS)データの分析―」『第66回日本教育社会学会大会』愛媛大学・松山大学.
  15. 卯月由佳・元治恵子・佐藤香・長尾由希子・深堀聰子・藤原翔・元濱奈穂子,2014,「若者のライフコースと社会意識―高卒パネル調査(JLPS-H)による分析―」『第66回日本教育社会学会大会』愛媛大学・松山大学.
  16. 卯月由佳・元治恵子・佐藤香・長尾由希子・深堀聰子・藤原翔・元濱奈穂子,2014,「若年女性の働き方―高卒パネル調査(JLPS-H)による分析―」『第66回日本教育社会学会大会』愛媛大学・松山大学.
  17. 新藤麻里,2014,「韓国の未婚成人子に対する親の支援に関する研究――支援の規定要因分析」『第4回女性家族パネル学術大会』ソウル大学(Seoul National University Hoam Faculty House).

2013年

  1. 有田伸,2013,「パネルデータを用いた正規職/非正規職間賃金格差の日韓比較分析」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  2. 朝井友紀子,2013,「時間外労働に対する割増賃金率引き上げの効果」『第13回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  3. 橋本摂子,2013,「結婚による性別役割意識の変容」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  4. 石田浩,2013,「現代日本の若年・壮年層における格差の蓄積と連鎖」『日本数理社会学会第55回大会』東北学院大学.
  5. Ishida, Hiroshi. 2013. "Job Characteristics and Workplace Conditions and Health Outcomes: Social Inequality in Health in Japan." The 108th Annual Meeting of the American Sociological Association. August 10, 2013. New York Hilton, New York.
  6. 石田浩・大島真夫・藤原翔,2013,「若年・壮年者の学校から職業への移行と教育意識-東大社研のパネル調査の分析結果から―」『日本教育社会学会第65回大会』埼玉大学.
  7. 石田賢示,2013,「初職非正規雇用が若年者キャリアに与える影響」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  8. 茂木暁,2013,「学歴と離婚行動の関連について」(ポスター)『日本数理社会学会第56回大会』関西学院大学.
  9. 茂木暁・石田浩,2013,「学歴同類婚の日米比較―未婚カップルと既婚カップルの比較に注目して―」『第23回日本家族社会学会大会』静岡大学.
  10. 長尾由希子,2013,「若年期における失業への不安感と教育・訓練および性別役割分業意識」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  11. Nakazawa, Wataru. 2013. "The Support Structure for Public Expenditure on Education in Japan: A Comparative Perspective." World Congress of Comparative Education Society (in Buenos Aires).
  12. 小川和孝,2013,「周辺構造モデルを用いた職場における訓練が賃金へ与える因果効果の推定」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  13. 脇田彩,2013,「結婚と将来への展望」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.

2012年

  1. 有田伸・大島真夫,2012,「東大社研パネル調査(JLPS)からわかる現代日本の若者像(2)学校から職業への移行」『日本教育社会学会第64回大会』同志社大学.
  2. Ishida, Hiroshi. 2012. "Understanding Courtship among Japanese Youth." International Sociological Association, Research Committee 28 on Social Stratification, Spring Meeting, Chinese University of Hong Kong.
  3. 石田浩・石田賢示・茂木暁,2012,「東大社研パネル調査(JLPS)からわかる現代日本の若者像(1)―格差の蓄積―」『日本教育社会学会第64回大会』同志社大学.
  4. 石田浩,2012,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査と格差の連鎖・蓄積―東大社研パネル調査(JLPS)の分析(1)―」『日本社会学会大会第85回大会』札幌学院大学.
  5. 菅万理,2012,「失業が健康・生活習慣に与える効果」『第12回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  6. Kan, Mari. 2012. "The Effect of Unemployment on Health and Health Behavior among Japanese Men: An Analysis Using the First-differenced Model." The 2012 European Conference on Health Economics (ECHE), Zürich, Switzerland, July.
  7. 三輪哲,2012,「格差意識の動態とその要因―東大社研パネル調査(JLPS)の分析(4)―」『日本社会学会大会第85回大会』札幌学院大学.
  8. Nakazawa, Wataru. 2012. "Institutional Linkage between Schools and the Labor Market in Japan: Safety Net or Root of Inequality." International Sociological Association, Research Committee 28 on Social Stratification, Summer Meeting, University of Virginia.
  9. 佐藤香・深堀聰子・元治恵子,2012,「東大社研パネル調査(JLPS)からわかる現代日本の若者像(3)自立への道程」『日本教育社会学会第64回大会』同志社大学.
  10. 田辺俊介,2012,「「希望」は格差を広げるか?―東大社研パネル調査(JLPS)の分析(3)―」『日本社会学会大会第85回大会』札幌学院大学.
  11. 山本耕資・三輪哲,2012,「個人的・社会的意識の態様と変化」『数理社会学会第53回大会』鹿児島大学.
  12. 吉田崇,2012,「女性の初職・非正規就業が結婚タイミングへ及ぼす影響―東大社研パネル調査(JLPS)の分析(2)―」『日本社会学会大会第85回大会』札幌学院大学.

2011年

  1. 有田伸,2011,「変化の向き・パターンと非変化時の状態の違いを考慮した固定効果モデルの可能性」『第11回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  2. 元治恵子・大島真夫・石田賢示,2011,「社研パネル調査に見る若年者のキャリア」『日本教育社会学会第63回大会』お茶の水女子大学.
  3. 石田浩,2011,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査と若年者の交際・結婚―Japanese Life Course Panel Survey (JLPS)の分析(1)―」『日本社会学会大会第84回大会』関西大学.
  4. 石田浩・三輪哲・茂木暁,2011,「社研パネル調査(JLPS)に見る若年者の交際と結婚」『日本教育社会学会第63回大会』お茶の水女子大学.
  5. Ishida, Hiroshi. 2011. "Japanese Youth in Transition: Transition from School to Work." Proceedings of International Conference on "Internal Cleavages and Social Peace in East Asia," (Korean Sociological Association), 19-48.
  6. 石田賢示・石田浩・大島真夫・元治恵子・佐藤香・三輪哲・ 茂木暁,2011,「社研パネル調査(JLPS)に見る若年者の交際と結婚」『日本教育社会学会大会』,お茶の水女子大学(2011年9月20日).
  7. Kan, Mari. 2011. "Employment Status, Health and Health Behavior among Japanese Working Population." International Health Economics Association 8th World Congress, Toronto, Canada, July.
  8. 三輪哲,2011,「階層帰属意識の個人間変動と個人内変動―Japanese Life Course Panel Survey (JLPS)の分析(4)―」『日本社会学会大会第84回大会』関西大学.
  9. 中澤渉,2011,「労働時間とメンタルヘルスに関するパネルデータ分析―Japanese Life Course Panel Survey (JLPS)の分析(3)―」『日本社会学会大会第84回大会』関西大学.
  10. Nakazawa, Wataru. 2011. "Regional Inequality in the Opportunity for Higher Education in Japan: Estimating the Causal Effect using Propensity Scores." Annual Meeting of Comparative and International Education Society in Montreal, Canada.
  11. 田辺俊介,2011,「政治意識の流動性とその社会層との関連―Japanese Life Course Panel Survey (JLPS)の分析(5)―」『日本社会学会大会第84回大会』関西大学.
  12. 吉田崇,2011,「ダグラス=有沢法則の動態的側面―Japanese Life Course Panel Survey (JLPS)の分析(2)―」『日本社会学会大会第84回大会』関西大学.

2010年

  1. 元治恵子・三輪哲・大島真夫・茂木暁,2010,「東大社研パネル調査(JLPS)に見る若年者の教育・就業・家族形成」『日本教育社会学会第62回大会』関西大学.
  2. 菅万理,2010,「母親の就労が思春期の子どもの行動・学業に及ぼす効果: Propensity Score Matchingによる検証」,日本経済学会,6月.
  3. Kan, Mari. 2010. "Effects of Maternal Employment on Adolescents' Social Behavior and Academic Achievement." Society for the Advancement of Behavioral Economics Annual Conference, San Diego State University, U.S.A., August.
  4. 三輪哲,2010,「近年における階層移動の構造と変動」『日本行動計量学会第38回大会』埼玉大学.
  5. 村上あかね,2010,「若年層の同棲の現状とその背景―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(4)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  6. 中澤渉,2010,「二極化する若年労働市場-学校を介した『制度的連結』が初期キャリアに及ぼす影響」,日本行動計量学会第38回大会企画委員セッション,埼玉大学.
  7. 中澤渉,2010,「若年非正規・無業に関する成長曲線モデル―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(3)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  8. Nakazawa, Wataru. 2010. "Internal Labor Market Theory and School-to-Work Transition in Japan." Paper Presented for The Australian Sociological Association 2010 Conference. Macquarie University.
  9. 田辺俊介,2010,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査の概要と標本脱落分析―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(1)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  10. 山本耕資・三輪哲,2010,「政治意識の変化」『日本応用数理学会・数理政治学研究部会』政策研究大学院大学.
  11. 吉田崇,2010,「若年層の所得変動と所得流動性―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(2)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  12. 吉田崇,2010,「若年層の所得変動と所得動態に関する一考察」『第10回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.

2009年

1. 有田伸,2009,「日本と韓国における若年層の就業形態間移動―-日本と韓国のパネル調査データ分析(1)」,『第82回日本社会学会大会』立教大学.
2. 石田浩・佐藤 香・ 伊藤 秀樹・長尾 由希子・大島 真夫・深堀 聰子・苅谷 剛彦・三輪 哲・元治 恵子,2009,「東大社研パネル調査(JLPS)に見る若年者の行動と意識(1)」,早稲田大学.
3. 石田浩・佐藤 香・伊藤 秀樹・長尾 由希子・大島 真夫・深堀 聰子・苅谷 剛彦・三輪 哲・元治 恵子,2009,「東大社研パネル調査(JLPS)に見る若年者の行動と意識(2)」,早稲田大学.
4. Hiroshi Ishida, 2009, "Social Inequality in Health in Japan," International Sociological Association, Research Committee on Social Stratification, Spring Meeting, May 2008.
5. 三輪哲,2009,「日本の未婚者における社会階層と結婚意識の変容 ──日本と韓国のパネル調査データ分析(2)」『第82回日本社会学会大会』立教大学.

2008年

1. 橋本摂子,2008,「結婚アスピレーションから見た性別分業意識の変容――JLPS(Japanese Life Course Panel Survey) の分析(3)」『第81回日本社会学会大会』東北大学.
2. 石田浩・中澤渉・深堀聰子・三輪哲,2008,「JLPS(東大社研パネル調査)に見る若年者の意識変化(1)―変容する意識の国際比較」『第60回日本教育社会学会大会』.
3. 石田浩・佐藤 香・大島 真夫・中澤 渉・元治 恵子・深堀 聰子・三輪 哲,2008,「JLPS(東大社研パネル調査)に見る若年者の意識変化(2) : <働くこと>をめぐる意識に着目して」『第60回日本教育社会学会大会』.
4. 石田浩,2008,「世代間社会移動と『格差社会』」『第81回日本社会学会大会開催校シンポジウム』.
5. 石田浩,2008,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査(JLPS)の概要と健康格差-JLPSの分析(1)-」『第81回日本社会学会大会』東北大学.
6. Hiroshi Ishida, 2008, "Class Origin and Early Career Progressions among the Youth," International Sociological Association, Research Committee on Social Stratification, Spring Meeting, May 2008.
7. 菅万里,2008,「母親の就業と家庭環境が子供に及ぼす影響――JLPS(Japanese Life Course Panel Survey) の分析(5)」『第81回日本社会学会大会』東北大学.
8. 三輪哲,2008,「結婚と交際に対する階層・機会・意識の効果――JLPS(Japanese Life Course Panel Survey) の分析(2)」『第81回日本社会学会大会』東北大学.
9. 村上あかね,2008,「経済的困難が結婚生活満足度に及ぼす影響―― JLPS(Japanese Life course Panel Survey) の分析(4)」『第81回日本社会学会大会』東北大学.

2007年

1. 石田浩・佐藤香・大島真夫・中澤渉・元治恵子・三輪哲,2007,「若年者のキャリアと意識に関する実証研究(1) : 非典型雇用を見直す 非典型雇用労働者にとっての世代内移動」『日本教育社会学会第59回大会』茨城大学,2007年9月22日.
2. 石田浩・佐藤 香・大島 真夫・中澤 渉・元治 恵子・深堀 聰子・三輪 哲,2007,「若年者のキャリアと意識に関する実証研究(2) : 変化する意識/変化しない意識」『日本教育社会学会第59回大会』茨城大学,2007年9月22日.

2006年

1. 石田浩・長尾由希子・元治恵子・中澤渉・佐藤香・ 深堀聰子,2006,「高卒者の進路選択と意識に関する実証研究(1) : 保護者の役割をとらえなおす」『日本教育社会学会第58回大会』大阪教育大学.
2. 長尾由希子・石田浩・中澤渉・元治恵子・深堀聰子・佐藤香,2006,「高卒者の進路選択と意識に関する実証研究(2) : 進路意識や進路指導と高卒後の進路選択の関係」『日本教育社会学会第58回大会』大阪教育大学.

2005年

1. 石田浩・長尾由希子・元治恵子・深堀聰子・佐藤香・朴澤泰男・鶴田典子・本田 由紀,2005,「高校生の進路選択と意識に関する実証研究(1) : フェードアウトする「地位達成」(高校(1))」『日本教育社会学会第57回大会』放送大学.
2. 石田浩・長尾由希子・元治恵子・深堀聰子・佐藤香・ 朴澤泰男・ 鶴田典子・本田由紀,2005,「高校生の進路選択と意識に関する実証研究(2) : 進路選択プロセスと学校ランクの関連を中心に(高校(2))」『日本教育社会学会第57回大会』放送大学 .

パンフレット

年次順

・ 「調査速報第9号」,2015年7月.
・ 「調査速報第8号」,2014年10月.
・ 「調査速報第7号」,2013年10月.
・ 「調査速報第6号」,2012年10月.
・ 「調査速報第5号」,2011年10月.
・ 「調査速報第4号」,2010年9月.
・ 「調査速報第3号」,2009年9月.
・ 「調査速報第2号」,2008年9月.
・ 「調査速報第1号」,2007年7月.

Page Top

Copyright 2013 © CSRDA committee All Rights Reserved.