東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

CSRDAについて

CSRDA 個人情報保護方針

東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター(以下、CSRDA)では、CSRDA利用者の方が提供された個人情報の取り扱いを次のように定めております。

(1)個人情報の収集

CSRDAでは、次の場合に、利用者の個人情報(氏名・所属機関・メールアドレス・電話番号・住所)を収集することがあります。

  1. データ提供に関する手続き
  2. データ寄託に関する手続き
  3. セミナー・シンポジウム・研究会など、CSRDAが実施する各種行事の申し込み受付
  4. 各種のお問い合わせ対応

(2)個人情報の利用

CSRDAでは、(1)で得た個人情報を、次の目的に限って利用します。

  1. データ提供手続きの際の寄託者への照会
  2. データの利用条件および誓約事項の遵守に関する利用者への照会
  3. 東京大学社会科学研究所の主催するセミナー・シンポジウム・研究会など利用者に有益と考えられる各種行事に関する情報提供、参加依頼等
  4. CSRDAの各種サービスの利用統計作成

(3)個人情報の第三者への開示

CSRDAでは、(1)で得た個人情報を、法令の定めるところにより開示が義務づけられる場合を除き、利用者ご本人の同意を得ずに第三者に開示することはいたしません。

(4)本人による個人情報の開示・訂正・削除等の請求

利用者は、登録されている自己の個人情報について、以下の請求をすることができます。

  1. 情報の開示
  2. 情報の内容が真実でないという理由による訂正、追加および削除
  3. 情報が不正に取り扱われまたは取得されたものであるという理由による利用停止または消去
  4. 情報が不正に第三者に提供されているという理由による第三者への提供の停止
  5. なお、上記の請求があった際に、CSRDAは、請求者がご本人であるかどうかの確認をさせていただくことがあります。

(5)個人情報データの保全

CSRDAは、個人情報への不正なアクセス、漏洩、データの改ざん、毀損を防ぐための必要な措置を講じております。

(6)その他

その他個人情報の取り扱いに関する事項で本保護方針に規定がないものは、「独立行政法人等の保有する個人情報の保護に関する法律」および「独立行政法人等の保有する個人情報の適切な管理のための措置に関する指針」に従って取り扱うこととします。

なお、本保護方針は、より安全かつ適切なCSRDAの運営のため、もしくは、関係法令の改正に伴い、改訂されることがあります。

付記

CSRDAに所蔵されている個票データは、個人の特定に結びつく情報を削除するなど厳重に匿名処理を施しているため個人情報保護法の定める個人情報ではありませんが、その内容・性質に鑑み、この指針に準じた形で保護されています。個票データについては、CSRDAにおける正式の審査または寄託者による審査を経ることなく第三者に提供されることはありません。

PAGE TOP