東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

共同利用・共同研究公募

当センターでは、共同利用・共同研究拠点事業として、二次分析にかかわる共同研究の募集を行います。

2020年度は「参加者公募型」および「課題公募型」で募集しますので、必ず 「 2020年度共同研究公募要領(PDF) 」をご覧の上、お申し込みください。

なお、新型コロナウイルス感染予防のため、研究会は原則ウェブ会議システムを使用する予定です。

2020年度

2020年度共同利用・共同研究公募

当センターでは、共同利用・共同研究拠点事業として、二次分析にかかわる共同研究の募集を行います。
2020年度は「参加者公募型」および「課題公募型」で募集しますので、必ず 「 2020年度共同研究公募要領(PDF) 」をご覧の上、お申し込みください。
なお、新型コロナウイルス感染予防のため、研究会は原則ウェブ会議システムを使用する予定です。

公募事項

(1)  参加者公募型研究

「参加者公募型」研究は、あらかじめ設定されたテーマやデータに関して参加者を募り、当センター内の研究者と共同で行う研究です。募集は年1回です。翌年の2月または3月に成果報告会を開催し、年度内にディスカッションペーパーを発行します。
令和2年度は、以下のテーマで行います。

全国就業実態パネル調査を用いた、就業や所得、学び、生活に関する実態と変化に関する2次分析

*詳細はこちらをご参照下さい。

申請書の研究計画等を総合的に考慮し、本センター協議会で審議・選考のうえ参加者が決定されます。

(2) 課題公募型研究

「課題公募型」研究は、申請者が研究テーマ・利用データ・共同研究者を設定して応募し、当センターが所有する社会調査データを用いて行う研究です。募集は年1回です。2月または3月に成果報告会を開催します。(当センターが所有する社会調査データについては、データ検索システム をご参照ください。)

*詳細はこちらをご参照下さい。

申請書の研究計画等を総合的に考慮し、本センター協議会で審議・選考のうえ採択課題が決定されます。

応募資格

大学および公的研究機関ならびに当センターへのデータ寄託機関の研究者、またこれらに準ずる研究者、大学院生、ならびに本センター長が適当と認めた者とします。

応募方法

(1)参加者公募型研究、(2)課題公募型研究のそれぞれについて、以下のリンクから対応する「申請書様式」をダウンロードし、必要事項をご記入ください。応募課題に応じた記入済みの「申請書様式」を添付し、メール件名を「参加者公募研究申し込み(お名前)」または「課題公募研究申し込み(研究代表者氏名)」として、s-analysis@iss.u-tokyo.ac.jp [二次分析研究会事務局] 宛に、メールでお申し込みください。

「申請書様式」は、以下のリンクからダウンロードして下さい。

  参加者公募型研究 : 「申請書様式1(Wordファイル)
  課題公募型研究  : 「申請書様式2(Wordファイル)

応募締切

(1)参加者公募型研究、(2)課題公募型研究のいずれについても、締切は 4月20日(月)17時です。

連絡先・問い合わせ先

ご不明点は以下までお問い合わせください。

s-analysis@iss.u-tokyo.ac.jp [二次分析研究会事務局]

PAGE TOP