東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

セミナー

2021年度オンラインセミナー

オープンサイエンス時代におけるデータアーカイブの役割とデータ活用2
「第4次団体に関する調査(圧力団体調査)」を事例に

ポスターはこちらからダウンロードできます

概要
オープンサイエンス時代を迎え、社会調査の個票データを公共的な研究資源とすることの重要性が高まってきています。SSJDAでは、 公開されたデータへの理解を深めることや、個票データをデータアーカイブに寄託することの利点や可能性を考えることを目的に、昨年度よりオンラインセミナーを開催しています。第2回目となる今回は6月にSSJDAより公開された「第4次団体に関する調査(圧力団体調査)」の寄託者である山本 英弘先生をお招きし、オープンサイエンス時代におけるデータアーカイブの役割とデータ活用について考えます。
講 演 者
山本 英弘(筑波大学)、三輪 哲(東京大学)
日時:
2021年11月2日(火)15:00~16:00
Zoomを用いたオンライン開催
受講料・受講要件
無料・どなたでも参加いただけます
申込期間
2021年10月26日(火)まで
申込方法
こちらから、ご登録お願いします。

PAGE TOP