東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

公開セミナー(1997~2002)

第5回(2001年10月~12月) 「社会調査の二次分析シリーズ」(参加のべ159名)

講演者 シカゴ大学社会学部教授 山口一男
1回目(10月15日) 社会階層アイデンティティとジェンダー
加重変数(weighted variable)の線形回帰分析への利用について(参加39名)
2回目(10月31日) 性革命と家庭の役割
性的初体験年齢のイベントヒストリー分析について(参加34名)
3回目(11月9日) 女性の性別役割意識と社会階層
意識の潜在構造分析と潜在クラス回帰分析について(参加21名)
4回目(11月19日) ルネッサンスの男たち(フィレンツェのエリート社会)
社会的ネットワークデータのログリニア分析について(参加26名)
5回目(12月5日) 終身雇用の実体と時代的変化
イベントヒストリー分析におけるMover-Stayerモデルの利用について(参加39名)

PAGE TOP