東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

公開セミナー(1997~2002)

第3回(1998年7月10日)「社会科学研究におけるデータアーカイブの役割」(参加のべ71名)

1 セミナーの概要

SSJデータ・アーカイブは、1998年4月1日から調査データの提供を開始しました。これを記念して、これまでデータ公開の活動を続けてこられた国内外の2氏からデータ・アーカイブの意義について講演いただくとともに、当アーカイブの概要について紹介しました。

2 プログラム
  • (1) 実証研究と再現性
    三宅一郎(関西大学総合情報学部教授)
  • (2) 社会科学研究と教育におけるデータ・アーカイブの役割
    Harry Heemskerk(オランダDigital Data Archive所長)
  • (3) SSJデータ・アーカイブの紹介
    松井博(日本社会研究情報センター助教授)

PAGE TOP