東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

SSJDAパネル調査

暮らしと仕事に関する全国オンライン調査

「暮らしと仕事に関する全国オンライン調査」(以下、SSJDA Panel)では、社会、経済環境が大きく変化するなかで、人々がどのような生活経験や意識、意見を持っているのか、またそれらがどのように変化してゆくのかを明らかにすることを目的として、毎年1、2回のオンライン調査を実施しています。


「暮らしと仕事に関する全国オンライン調査2021」調査結果報告

SSJDA Panelの2021年春調査(Wave1)は、2021年2月25日から3月15日にかけて実施され、1329名の方々にご回答いただきました。
ご協力いただいた本調査対象者の皆様には深く御礼申し上げます。
SSJDA Panel Wave1の調査結果(速報版)は下記のリンクからダウンロードいただけます。
SSJDA Panel Wave1 調査結果(速報版)


「暮らしと仕事に関する全国オンライン調査」ご協力への御礼

調査対象者の皆様

東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センターは「暮らしと仕事に関する全国オンライン調査」を2021年秋、2022年冬、春に実施しました。皆様には調査にご協力いただき、誠にありがとうございました。
次回の調査は2022年秋頃を予定しております。引き続きぜひご協力いただけますと幸いです。

2022年4月
調査企画:東京大学社会科学研究所
附属社会調査・データアーカイブ研究センター
代表:東京大学社会科学研究所 准教授 藤原翔
調査実施:株式会社サーベイリサーチセンター

※本調査の実施は株式会社サーベイリサーチセンターに委託しております。


調査対象の皆様の個人的な情報の取り扱い
調査対象の皆様の個人的な情報の取り扱いについては、以下のリンクをご参照ください。
http://csrda.iss.u-tokyo.ac.jp/panel/privacy/
本調査に関するお問合せ先
本調査に関するお問い合わせは、下記にお願いいたします。
調査実施委託機関:株式会社サーベイリサーチセンター
〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目13番5号
KDX 日本橋313ビル6階
お問い合わせTEL:0120-113-757
Email: kurashi_job[at]surece.co.jp ([at]を@に変えてください)
https://www.surece.co.jp/
受付時間:(平日)9:00~18:00
プロジェクトの資金
本研究プロジェクトは文部科学省所管の独立行政法人である日本学術振興会の科学研究費による助成(挑戦的研究(開拓)、研究課題番号:21K18131)を受けています。

PAGE TOP