東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

学会等報告

2010年度

2010年

  1. 元治恵子・三輪哲・大島真夫・茂木暁,2010,「東大社研パネル調査(JLPS)に見る若年者の教育・就業・家族形成」『日本教育社会学会第62回大会』関西大学.
  2. 菅万理,2010,「母親の就労が思春期の子どもの行動・学業に及ぼす効果: Propensity Score Matchingによる検証」,日本経済学会,6月.
  3. Kan, Mari. 2010. "Effects of Maternal Employment on Adolescents' Social Behavior and Academic Achievement." Society for the Advancement of Behavioral Economics Annual Conference, San Diego State University, U.S.A., August.
  4. 三輪哲,2010,「近年における階層移動の構造と変動」『日本行動計量学会第38回大会』埼玉大学.
  5. 村上あかね,2010,「若年層の同棲の現状とその背景―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(4)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  6. 中澤渉,2010,「二極化する若年労働市場-学校を介した『制度的連結』が初期キャリアに及ぼす影響」,日本行動計量学会第38回大会企画委員セッション,埼玉大学.
  7. 中澤渉,2010,「若年非正規・無業に関する成長曲線モデル―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(3)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  8. Nakazawa, Wataru. 2010. "Internal Labor Market Theory and School-to-Work Transition in Japan." Paper Presented for The Australian Sociological Association 2010 Conference. Macquarie University.
  9. 田辺俊介,2010,「働き方とライフスタイルの変化に関する全国調査の概要と標本脱落分析―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(1)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  10. 山本耕資・三輪哲,2010,「政治意識の変化」『日本応用数理学会・数理政治学研究部会』政策研究大学院大学.
  11. 吉田崇,2010,「若年層の所得変動と所得流動性―JLPS (Japanese Life Course Panel Survey) の分析(2)―」『日本社会学会大会第83回大会』名古屋大学.
  12. 吉田崇,2010,「若年層の所得変動と所得動態に関する一考察」『第10回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.

PAGE TOP