東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

学会等報告

2013年度

2013年

  1. 有田伸,2013,「パネルデータを用いた正規職/非正規職間賃金格差の日韓比較分析」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  2. 朝井友紀子,2013,「時間外労働に対する割増賃金率引き上げの効果」『第13回パネル調査・カンファレンス(家計経済研究所)』ホテルグランドヒル市ヶ谷.
  3. 橋本摂子,2013,「結婚による性別役割意識の変容」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  4. 石田浩,2013,「現代日本の若年・壮年層における格差の蓄積と連鎖」『日本数理社会学会第55回大会』東北学院大学.
  5. Ishida, Hiroshi. 2013. "Job Characteristics and Workplace Conditions and Health Outcomes: Social Inequality in Health in Japan." The 108th Annual Meeting of the American Sociological Association. August 10, 2013. New York Hilton, New York.
  6. 石田浩・大島真夫・藤原翔,2013,「若年・壮年者の学校から職業への移行と教育意識-東大社研のパネル調査の分析結果から―」『日本教育社会学会第65回大会』埼玉大学.
  7. 石田賢示,2013,「初職非正規雇用が若年者キャリアに与える影響」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  8. 茂木暁,2013,「学歴と離婚行動の関連について」(ポスター)『日本数理社会学会第56回大会』関西学院大学.
  9. 茂木暁・石田浩,2013,「学歴同類婚の日米比較―未婚カップルと既婚カップルの比較に注目して―」『第23回日本家族社会学会大会』静岡大学.
  10. 長尾由希子,2013,「若年期における失業への不安感と教育・訓練および性別役割分業意識」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  11. Nakazawa, Wataru. 2013. "The Support Structure for Public Expenditure on Education in Japan: A Comparative Perspective." World Congress of Comparative Education Society (in Buenos Aires).
  12. 小川和孝,2013,「周辺構造モデルを用いた職場における訓練が賃金へ与える因果効果の推定」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.
  13. 脇田彩,2013,「結婚と将来への展望」『第86回日本社会学会大会』慶応義塾大学.

PAGE TOP