東京大学社会科学研究所附属社会調査・データアーカイブ研究センター

参加者公募型二次分析研究会

2020年度

活動記録

全国就業実態パネル調査を用いた、就業や所得、学び、生活に関する実態と変化に関する2次分析

  • 2020/06/16 第1回研究会を開催しました。
  • 2020/07/30 第2回研究会を開催しました。
  • 2020/09/18 第3回研究会を開催しました。
  • 2020/10/29 第4回研究会を開催しました。
  • 2020/11/25 第5回研究会を開催しました。
  • 2020/12/18 第6回研究会を開催しました。
  • 2021/1/21 第7回研究会を開催しました。
  • 2021/02/15 研究成果報告会を開催しました。

  • ●シンポジウム「職場のハラスメントを解析する」のお知らせ
     リクルートワークス研究所は8月28日、シンポジウム「職場のハラスメントを解析する」をオンラインで開催します。毎年約5万人を対象に行っている「全国就業実態パネル調査」のデータを用いた「職場のハラスメント」についての分析報告、専門家を交えたディスカッションのほか、新型コロナの影響を受けた働き方の変化等についても紹介します。参加無料です。
    お申込みはこちら 終了しました

全国就業実態パネル調査を用いた、就業や所得、学び、生活に関する実態と変化に関する2次分析

テーマ

全国就業実態パネル調査を用いた、就業や所得、学び、生活に関する実態と変化に関する2次分析

使用データ(予定)

「全国就業実態パネル調査,2016~2019」
※ 本パネル調査は、全国の15 歳以上の男女、約4 万人強の同一人物に毎年1 月に追跡するパネル調査で、2016年より実施しており、2019年のWave4までの分析が可能です。データはSSJDAにて公開済みですので、調査項目などについてはデータ検索システムで検索してください。

*4waves分のデータすべてを使用する必要はありません。

研究の概要

 この研究会では、リクルートワークス研究所が実施している「全国就業実態パネル調査」の実施担当者を講師に迎え、二次分析を行います。本調査は、全国の15 歳以上の男女、約4 万人強の同一人物に毎年1 月に追跡するパネル調査で、2016年より実施しており、2019年のWave4までの分析が可能です(SSJDAで公開済み)。
 調査項目は、主に実査前年の1年間の状況を問う形式で、就業形態、業種、職種、労働時間や所得、仕事の質や柔軟性、学び活動、副業、転職経験、仕事満足といった、就業に関する様々な設問が網羅されています。また、妊娠や出産、結婚や離婚、育児休業取得や介護休業取得、ストレス、主な稼ぎ手、生活費の収入源、生活満足など、ライフイベントや生活に関わる設問も含まれています。インターネットモニター調査ですが、回答者の偏りを考慮して、公的統計に合わせた割付(性、年代、就業状態、学歴、エリア別)が行われています。
 4 Wavesのパネルデータとしての利用はもちろんのこと、一部のWaveに焦点を当てた分析も可能です。就業に関わる多様な分析課題のほか、学び、生活、居住地移動など、幅広い分野での研究テーマを設定できますので、多様な研究分野からの参加を歓迎します。

PAGE TOP